なんか嬉しいお話

今日、牡牛座にいる太陽と、革命の星天王星が、ぴたっと重なりました!
天王星が牡牛座にいる7年間の始まりー!のような日です。

あなたは、どんな7年間にしたいですか?
(牡牛座は五感の星なので、身体に関する改善はとっても良いと!)


さて、最近、Twitterでも、プロテイン飲んでます!
って人が増えて、本当に嬉しいです(*^▽^*)
(いつもたくさんのいいね!やRTありがとうございます)


去年私がツイートし始めた頃は、何言ってんだ!
みたいな感じでしたから、
ようやくプロテインが市民権を得た感じがして、とっても嬉しいです!
決して嘘をついてる訳じゃないのに、
私のリウマチが誤診だったのでは?とか、
何かを信じたい気持ちはわかるけどねぇ~(呆れ)

みたいな雰囲気でいじられてるのも知ってましたが、
ま、いっか、って思ってスルーしてました(笑)


最近、一番嬉しいのが、
プロテインをおそるおそる飲んでみて、思いのほか早く効果出て、
こりゃすごい!!ってなって、他の病気で辛い思いしてる人にも、
「タンパク質すごいよーーー!!!」って教えてる人が増えてる事。
めーーーっちゃくちゃ嬉しいです(@⌒ο⌒@)


自分で実感したからこそ、おっ!!!ってなりますからね!(笑)


とは言え、病という状況になったのは、過去の栄養不足。
取り返すのは数か月で改善とはいきませんので、
コツコツ、少しづつ少しづつ栄養を重ねていきたいですね!

 

リウマチの為5年間飲んでいた、アザルフィジンを3月にやめて、
もうすぐ二か月ですが、
ステロイドは去年の11月にやめました)
正直、免疫抑制剤やめてからの方が、辛い~~って、
寝たきりになるのでは?と一瞬思ったりもしましたが、
いつもにまして、厳しく糖を制限し、プロテインましまし、
ビタミンCや、ミネラル増しでいったら、意外とどうもなく過ごせてます(笑)
夜更かしに気をつけたり、しっかり汗をかいたり、ストレッチしたり、
ヨガの呼吸をやってみたり、気を付けてる事はいくつもありますが、
まずまずの調子です!

 

栄養入れると一旦炎症が上がる事もあるんですが、
炎症の仕組みをわかると怖くないですからね。
材料がきたから、炎症→身体を修復、治してるんですね。
一緒に炎症の餌の糖摂ってる!とかだともちろん燃えまくりますよ(^^;

私は栄養入れ始めて四か月過ぎたあたりから、
炎症の値も落ち着いてきましたよ。

 

この調子で、少しづつ進んでいきたいです☆

 

広島のお好み焼き屋のおかみさん、リウマチを藤川理論で完治

atagoya.exblog.jp

 

 

f:id:kanonodax:20190423151608j:plain

 

私の生い立ちのお話

今日はつらつらと心の整理のためにも、
自分の事を書いてみようと思います。
(たぶん、長いです・・・^^;


いつかの記事にも書きましたが、私が生まれてすぐ実父が失踪し、
私は母一人で育ててもらいました。

母は飲み屋さんで働いて幼い私を家に置いて、
働きに出てくれました(今の時代は虐待とか言われそうですね(^^;
はっきりいって貧乏でした。(いや、はっきり言わなくても(笑)


母はいつも
「何でも自分でできないとダメ!」のもと、
5歳で耳鼻科に一人で通いましたし、
(最初の1回だけは母と一緒に。診察券はこう、
お金はこうみたいな感じで特訓)何でもやらされました。

 

夜、私が寝てから家に鍵をして仕事に行くのですが、
緊急な事があれば、お店に電話するように言われてました。
幼くてはっきりは覚えてないんですけど、熱が急に出たんだと思います、
寝てるお布団の上で、吐いてしまって、パニックになってしまいました。
5歳とか6歳だったと。
でも母はいないし、必死に電話したものの、
布団を汚してしまった・・・・、母に迷惑かけてしまったというので、
悲しくて泣いてしまい、今でもその光景をうっすら思い出すと涙がでます。


母が仕事場から戻ってきて私を救急外来に連れていって、
お医者さんからはこっぴどく叱られたようですが(仕方ないですよね。
でも、綺麗ごとではなく、生きていかないといけないので、
母も必死だったと思います。頼れる人もいませんし。
生活保護のような事も母に打診があったようですが、
身体が悪い訳でもないので働きます!まだ頼りません!って頑なに断ったそうです。


そうして成長していくと、女ざかりの母が、彼氏をつれてきます。
泊まったりした事もあり、新しいお父さんだよ~みたいな感じでした(笑)
ただ、その彼氏が母に暴力ふるうんですよね。
一度、その彼氏が私にまで手をだそうとしたのを見て、
母親が、出ていけ!!!とその彼氏を追い出していました。
包丁片手に・・・(^^;;;
彼氏の代わりはいくらでもいる、でも、あんたの代わりはいない。
ママが悪かった・・・と泣いてました。


でも数か月するとニュー彼氏!w
まー、そういう感じで育ったのですけど、
歴代の彼氏は母を殴るので、
精神科医の父が現れたとき、やっと殴らない人きた!って喜んだのを覚えています。
その父が私に大きな影響を与えてくれて、数年前に看取るまでいろんな事を教えてくれました。

 

こういう生い立ちなので、ニュースとかで母親の彼氏っていうのを
見ると、ムカムカします。


反抗期になり、母親と衝突したりして、
高校を辞めました。反対されましたが、もうスルーしました。
母は、学校やめるなら、もう扶養義務はない。
働いてお金をいれなけば出ていけ。
こんな感じでしたので、居酒屋でバイトしました。
皿洗い、掃除、何でもやりました。
安い時給、でも、こんな私を雇ってもらえるだけでありがたかったです。
途中から見かねた父が、クリニックの掃除人として雇ってくれました。
父と母は籍が入ってる訳じゃないので、私はもちろん他人。
そこは甘えは一切なく、誰よりも働きました。
むしろ厳しくされました。口答え厳禁、未成年だからって労働者にはかわりない。
社会人として扱ってくれました。厳しかった。
初めてみる精神科の患者さん。。。怖かった・・・。
もちろん怖いとか言えないし、どうしてこうなるんだろう・・・って。
毎日悩んでましたが、私に選択権はないので、働くしかありませんでした。
今思うとこの時の疑問が、病とは?って考える原点かもしれません。

(でも、ここででていけ!お金を稼げ!て厳しくされて良かった。

さもなくば、今問題になってるひきこもりに私もなってたかも・・・)

 


一方でこの頃は、もうリアル尾崎豊のみたいな生活でした。
盗んだバイクで~~~~です。笑
仕事が終われば、盗んだバイク生活です。(念のためバイクは盗んでない(笑)

 

みんなが高校に行ってる時に、雨の日も風の日も必死に働きました。
そんな感じで盗んだバイクで生活も飽きてきたので、本屋さんに行き、
高校卒業認定試験(私が受けた時は大検でした)の情報をゲットし、
18歳で初めて受験し資格を得て資格ゲット!→19歳でナースの学校にいきました。

 

救命救急と急性期脳外科外来でみっちり鍛えられて、
なーんか違うな~とか、いろいろありつつ、関西に出てくることに。
私は人が生まれる瞬間よりも、死んでいく時の助けになる人になりたい!と、
ターミナルケアに興味を持ち、勉強してました。
そして、ナースやーめた、と思って、夫と結婚しました。
それからは夫の実家の家業、商売の世界に。みっちり鍛えてもらいました。
雑草育ちの私が、超温室育ちの夫と(笑)
商売人って空気が意外と私にあってたのかもです。
経営者となり十数年。そしてリウマチになり働けなくなり・・・。
そして今またグリーフ(悲嘆)のケアの勉強中です。

 

最近よく思うのです。


私の生きてきた道は、楽ではなかったかもしれません。
でも、「自分で考えること」は、昔から当たり前のように言われていて、
本を読む事、しっかり検証する事も教えられてきたように思います。


最近、よく母と話すのですが、


子育てという懲役20年の試練(子供が20歳になるまで)
私は16歳で高校をやめ、経済的負担はそれ以来一切母にかけてませんから、
私が
「ママは、模範囚だったから16年で終わったんだよ。良かったね!」
と言うと、
今でも涙ぐんで泣き笑いな顔になってます。

 

私はある意味偏ってる部分もあるし、欠けてる部分があるのも、自覚があります。
でもそれを責めようとかは一切ないです。
母にとっての最善を当時つくしてくれて、私を育ててくれた。
感謝しかありません。
(感謝となるまでは、それはもう葛藤はたくさん(笑)


こんな私なので、人生なめてる人は嫌いです。甘ったれ論外。
一生懸命な人が好きです。
~~~障害のようなものとか、~~チルドレンに私も当てはまるかもしれません。
でも、だから何?です。


勉強を人から教わらず、全部ひとりでやってきたのも良かったかもです。
塾なんて通った事ないし、嫌いでした。余計なお金がかかるので。
栄養の勉強していても、もとの私がこうなので、
自分でやったるぞ!!精神が強いのかもしれません(笑)


幼い頃、貧乏でしたが、
本をたくさん与えてくれて(自分で選ばせてくれてました)
そこらへんにあったお花を何かの空き瓶に飾り、
家にはいつも花がある生活で、心を豊かにしてくれた母。
そして何より、人を見抜く力を鍛えてくれました。
一瞬で、この人はいい人、そうでもない人っていうのを見抜けないと、
自分を守れませんからね。洞察力の特訓はよくありました(笑)


こんなエピソードがあります。
盗んだバイクで~の時代に、ホームレスのおじさんと友達になった事あります。
家にも連れてかえってきて、母がすきやき作って食べてもらってました。
今考えると、この母親もおかしい人ですよね。
でも、娘がお世話になってます、って感じで、お肉提供してましたよ。
おじさん、お肉のお礼だって、うちの周り綺麗にして男でしかできない力仕事みたいな事して、
どっかにさっていきましたw
この時のなごりなのか、最近はそんな事ありませんが、
知らない人と友達になるの早いです!
飲み屋さんも一人で行ってたしw (スナックの英才教育してもらったから?笑

 

いまではプロテイン人間となった母(ビーレジェンドがお気に入り(笑)
自分の身を削って、大量にお酒を飲んで稼いでくれた母には、
本当に感謝しかありません。

 

発達障害とかで頑張ってるお母さんの姿みると、立場は違っても、
「頑張ってる母!」という部分で、感動します!
母はすごい!頑張れ~~って。


もし今、どこかで苦しんでて、この文章を読んでる人がいたら言いたい。
大丈夫、未来は明るい!!!

 

私がもし、母親の事を、毒親!って罵ってたら、
今の生活はないと思います。
全部、病が生き方を変えなさいって教えてくれました。


こんなダメ人間のお手本のような私でさえ、
ここまでこれました!
今は苦しいかもしれない・・・・、でも、光はあるよ!!って言いたいです!
ちょっと恥ずかしかったけど、
そういう人に届け!って思って、自分ネタ書いてみました(笑)


自分に栄養与えて、(身体にも心にも)コツコツ頑張りましょうね!

 

自分で治る道は美しいし、未来は明るい!
みんな、頑張ろう!

 

この文章書きながら、当時を思い出し、何回も泣いてしまいました(^^;;;
文章として出し切れて良かったです(笑)

 

 

f:id:kanonodax:20190414091936j:plain

 

良くなりたくて・・。のお話。

年明けから、栄養の事を中心にTwitterでつぶやいてきました。
明日から4月。
三か月思いっきりつぶやけたので、4月からは少し減らそうと思います。

病気である私。
リウマチである私というのを卒業したいんです。
もちろん、まだ治った訳じゃないんですが、
免疫抑制剤も卒業して、リウマチで飲んでいる薬はもうないです。


私がツイートする事で、誰かの力を奪ってるのではないか?
と考えるようになりました。
誰かの調べようという力、自分で治ろうとする力を。

藤川先生が先日、関節リウマチの治り方をブログ記事に
して下さいました。
もうこれが全てです。

 

ameblo.jp

 

思えば、治りたくて必死にこてつブログ、藤川先生のFacebook
他の栄養のブログ、必死に必死に読みました。
何度も何度も。
情報はむこうからはきてくれません。
自分でつかむものだと思ってます。
当たり前にあるものじゃないですからね。
自分でゲットしにいくんです!能動的に。主体的に。


他力では、この藤川理論は実践できません。
なぜなら、もし私の言う通りにしたとして、
治らなかったら、言った人の責任になるからです。


私も含めて、病気とは自分で作ったものです。
誰かが、病気なれ!ってなった訳ではありません。
自分が口にしたものの積み重ねで病気になりました。
幼い頃から・・という人は、
お母さんのお腹から質的栄養不足が始まってる事になります。


関節リウマチとなった人なら、
関節がカスケードでだいぶ下なんでしょう。
腸の病気の人は、腸がカスケードでは下で、DNAで弱い所。
個体差があるので、どんな病気で出るかわかりません。


病気になった時、人が飲んでる薬を調べて、
効いてるか効いてないかが気になって調べたりしてました。
無知ゆえに、目先の事だけにとらわれて、
自分の身体の土台からの問題だと捉えられなかった。
ただ薬を飲めば良くなる、症状が抑えられればそれでいい。って。


そうじゃないんですよね。


病気とは学びなので、「今までの生き方じゃダメだよ」と、
病気が学びのチャンスを与えてくれてるんですよね。

なので、食生活は当然、生き方もごそっと変えなくてはいけません。


何食べてる?
何時に寝てる?
どれぐらい歩いてる?
どれぐらい身体に良い事してる?
そのためにどう調べた?
どんな本読んだ?
どんな風に記録した?


自分の身体の為に、どう行動したか。

生き方の問題ですね。


私は今まで、めんどくさい事は先延ばし精神が強かったです。
とりあえず痛くなかったらいいや。って。

でも、いろいろ勉強していくうちに、
病気の原因は、質的栄養不足がほとんど。
適当に回避したとして、次は、何の病気?癌?腸炎

 

去年の8月から頑張ってきた藤川理論はもう日常です。
もし、何か調べたいって方がいる場合は、過去の記事を参考になさって下さいね。


そんなんで治らない論争はもう結構です(笑)
ご自由になさって下さい。
ただ、一生懸命良くなろうって頑張ってる人の邪魔はしないで欲しいです。

 

病気という看板を外した自分に戻りたいって思います。


ツイッターでは相変わらずつぶやくと思います。

どうでもいい事つぶやきます。きっと。縄跳び飛べたよ!とか?w


治りたいと思ってる方、頑張って下さいね☆
応援しています!(^^)!

 

自分で治ろうとする世界は美しいし、未来は明るい!

 

---------

☆私で良ければ、藤川理論の事でききたい事があれば聞いて下さいね。

でもできるだけご自分で調べて下さいね!頑張れー!

私も引き続き、学びは続けます☆ 

 

f:id:kanonodax:20190331180723j:plain

 

ぐだぐだなお話

久しぶりにテーマなく思った事をぐだぐだと書いてみたいと思います。

リウマチの人は、一般の人に比べて寿命が短いと言われています。
よくTwitterでみかけるのが、
「長く生きなくていい、早く死にたい」
というような言葉ですが、
人の臨終の瞬間、または亡くなるまで・・・ってわかってるのかな?
って思います。

ずいぶん前ですが、ナースとして働く私は、同僚よりも看取りの回数が多かったです。
なぜか、私の夜勤の時にお見送りする、いわゆる「あたり」の人でした。
そういう訳で、人よりも多く、いろんな人を看取ってきましたが、
人は簡単に死ねないんですよね。

今の医療体制なら、余計に簡単に死ねないです。
昔は自然死という形で、水も飲めなくなり、カラカラで亡くなる。
これが自然で、普通でした。
今は、無理やり点滴で延命するから、水ぶくれのようになって亡くなるんです。
どちらが良いかは私には言えません。

死ぬことって、何か特別な事、忌み嫌うという認識があるんでしょうが、
死も日常の一つです。

祖母はぽっくり死にたい、母も痛い思いせずぽっくり死にたい!
そう言います。
そんなあなたに朗報です!
そうなりたい人ほど、高たんぱくをオススメします(笑)

糖質制限もした方がいいですよ、糖は水をためますからね、
いろいろ苦しいです、ポックリには程遠くなりそう。

食べれなくなったら人間は終わり。
無理やり延命したりせず、静かに看取るっていうのが、
一般的になればいいなって思います。


たぶん、亡くなる前の下顎呼吸とか、肩で息するというのが、
家族の立場でみていて苦しいように見えるっていうのがあるのかもですね。
そうじゃないんですけどね。


そういう事も含めて、また発信していけたらいいなって思いました。

毎日精いっぱい生きれば、いつでもポックリいっても悔いはなさそう(笑)

生と死は一つです。


思いっきり生きましょう!!!健康自主管理!!

 

あ、最近、プロテイン批判がまた出てきてるようです。
春ですね~♪

 

f:id:kanonodax:20190326135230j:plain

 

小春ちゃんのお話

リウマチ症状が本当にきつい時、
朝起きて、じーっと動けず、こわばりがほぐれるまで何時間もかかり、
もちろん着替えなんてできず、一日パジャマで過ごして、
夫が買い物をして、夫が、私の髪の毛を洗ってくれてました。

何をするのもしんどくて、本当に鬱のようになっていて死にたかった。
リウマチの事を調べれば調べる程、絶望的な気持ちになってきて、
薬漬けで人よりも早く死ぬんだ・・・って思ってました。

そんな時、夫が、
「病気の事ばっかり調べないで、youtubeで、犬とか猫の動画でも見たら?」
と気軽に言うので、何も興味ないけど、
普通に検索してみたら、

見つけたのが、柴犬小春ちゃんこはちゃんねる。

Kohachannel

www.youtube.com

 

見始めた頃は、可愛い柴犬の動画にただただ癒されてました。
私が見始めた頃は、柴犬の小春ちゃんが神戸に引っ越してきましたー!
って頃で、ご近所さんかな、って思ったり、
可愛いな、って、クスクス笑いながら見てました。

起きてても特に何もできない私は、
朝こわばりがほどけるまで、パソコンを立ち上げ、
こはちゃんの動画を見るのが日課になってました。

ふと気が付くと、小春ちゃんも病気をしたとの事。
飼い主である、パパさんが、こはちゃんのご飯に、
いろいろトッピングして、工夫している様子を見ていて、
納豆とか、ヨーグルトとか、こはちゃんも喜んで食べている。
その様子を何度も何度も繰り返しみてました。


そうするうちに、あれ、待てよ。
ワンコでもトッピングとか食べ物で状態が変わるなら、人間もでは?
とふと思い、
私も大量に食べていたお菓子を減らし、菓子パンをやめたのが
今考えれば始まりだったのかもしれません。

動画の中で、パパさんが、小春ちゃんを病院に連れて行っても、
大きな動物の病院で検査してもちっともよくならない、
パパさんが工夫してお野菜とかお肉とか、こはちゃんに食べさせてる姿をみて、
思わず涙がこぼれました。
それをみてた夫が、「お前も納豆食え!」と(^^;
(私は納豆嫌い(笑)


少しづつ食べ物を改善しつつ、
こはちゃんに会えるかもよーって言われて、
痛いリウマチの足を引きずりつつ、ゆーーっくりゆーーっくりウォーキングに
でかけるようになりました。

そして去年の夏に藤川理論に出会い、栄養療法を試して、
ステロイドだけやめられればいいなって思ってたのが、
今月から免疫抑制剤も完全にやめる事ができました。
(3月9日に、今までお薬にサンキューの気持ちで、その日に全部やめました(笑)

いつか元気になったら、こはちゃんにお礼が言いたい!
カスピ海ヨーグルトと納豆を持ってお礼したい!ってずっと思ってました。
でも、何か恥ずかしいので、ブログ記事にしてみました。


こはちゃんの好きな動画はたくさんありますが、
パパさんの弟さん対決とかも好きなんですが、
千葉シリーズの、
小さいお兄ちゃんが、
「おねーちゃん、こはるおいて勝負だ!」の動画は、
もう何回みたかわかりませんw


この場をかりて、たぶん、私の同年代のパパさん。
ギターの曲の感じで、たぶん同年代w

いつも楽しい動画をありがとうございます!
私のリウマチは少しづつよくなってます。
免疫抑制剤よりも、こはちゃんの動画療法で良くなりました(笑)


本当にありがとうございました。!(^^)!

 

twitter.com

 

www.youtube.com

痛みは身体からのアラームのお話

高たんぱく食+糖質制限+ビタミン・ミネラルと栄養療法にシフトする時、
リウマチの痛みについて調べていました。

食べて治すリウマチより引用します。

 

>>痛み・炎症は壊れた部分を治している

>>プロスタグランジンは神経を刺激して痛みを強く感じさせます。
>>「ここが壊れていますよ、修復しています」
(中略)
>>痛み止めの多くは、プロスタグランジンの生成を抑えます。
>>結果、痛みを鎮める効果があります。
>>プロスタグランジンは修復に必要というプラスに面と、
>>痛みを作るマイナスの面があります。

>>痛み止めは修復と痛みという両方の面を消してしまいますので

>>痛み止めを長期に使ってる方はますます膠原病が悪化していきます。


痛みが強いとどうしてもおさえたい!って思いますよね(TT)
私も長い間、痛み止めをたくさん飲んできましたし、
そのようにして痛みを止めてきました。
ですが、ちっとも良くならないし、長期的に鎮痛剤を飲むと腎臓がやられるようです。

 

免疫学の安保徹先生の本によると、

>>関節リウマチも関節に炎症が起こって、身体のあちこちの関節が
>>腫れたり痛くなったりします。これは関節内の異常になった自己細胞を
>>リンパ球が処理し傷ついた組織を修復するときに現れる症状です。

という事は、痛い時に、
炎症の餌になる糖質いっぱい食べれば当然炎症は大火事に(TT)

 

低たんぱく、断食をすると、修復する材料がないので症状は治まったように
なるんですが、それは根本的な解決になってなくて、
膠原病自体は進行するのかな?って考えます。


身体の材料はタンパク質なので、(肝臓も腎臓も腸もタンパク質でできてます)
私もまだまだ痛みがある時には、今はここを修復してるのかっ!!と、
応援のために、いつもよりプロテインを多く飲んだり、
ビタミンCを、こまめに飲みます。

(痛みの時は、1時間または30分おきにビタミンC1gを飲んで、
 お腹がゴロゴロしてきたら、ストップします。

 腸耐容量と言って、自分のビタミンCの限界量です。
 最初は、20gとかでも全然ゴロゴロしませんでした(汗)

 

水野先生によると、2~3gでゴロゴロする人は癌になりにくく、
20g単位でもゴロゴロしない場合は癌になりやすい状態だそうです。
(毎日毎日飲んでると、少量でもゴロゴロするように)

ビタミンCの効果は、たくさんありすぎて、
まとめられませんが、万能なので、こまめに飲みます。
水溶性ビタミンなので、数時間しか効果がありませんから、
やはり痛みの時はこまめに飲んだ方が良さそうです。


今まではただ痛いのをおさえて、
栄養もとらずにスイーツ三昧、炭水化物三昧でダメダメでした。
いろんな本を読めば読むほど、痛みに対しての恐怖がなくなってきたように思います。
炎症についても、高たんぱくを始めると一時的に炎症は強くなると思います。
なぜなら、材料がきて修復してるから(笑)
炎症もまた、身体が治してるサインだと思ってます。
でも、炎症の材料を入れなければ、自然に下がっていきましたよ。
(私も最初、びびりました(笑)

 

実母もリウマチなのですが、最近では痛みが出たら、
プロテインを20gを5~6回飲んで、ビタミンCを10g以上飲んで、
次の日は爽快!と話していました(笑)


変形するかもしれない恐怖や、炎症が強くなる恐怖も
今はほとんどありません。

痛みや炎症は壊れた部分を治しているから!(^^)!

 

自分の自然治癒力を邪魔しないように、頑張って修復して欲しいです☆


*激しい痛みの場合は、お薬を使う事をためらわずに、
無理しないで下さいね。
(痛みのストレスの方が、身体に悪いですから(^^;

 

f:id:kanonodax:20190305105307j:plain

現在のサプリの量のお話

Twitterでサプリの量をツイートしてる人がいて、
私も書いてみようって思いつつ、ダメだ全然文字数足りない!
って思い、ブログ記事にしてみます(^^)

ビタミンA 5万IU
ビタミンB1(ベンフォチアミン) 150mg
ビタミンB3(ナイアシン) 700mg
ビタミンB5( パントテン酸)500mg
ビタミンB6 500mg
ビタミンB50 ×2
ビタミンC 2g~4g
ビタミンE 2400IU~3000IU
セレン 200mcg
アスタキサンチン 12mg
亜鉛 50mg×2
マグネシウム&カルシウム ×2
グルコサミン&MSM  ×1
レシチン ×1
オメガ3 ×1

ビタミンB3(ナイアシン) 800mg
ビタミンB5(パントテン酸)500mg
ビタミンB50 ×2
ビタミンC 2g
マグネシウム&カルシウム ×1
(1日量 マグネシウム800mg:カルシウム400mg)

グルコサミン&MSM  ×1


ビタミンB5( パントテン酸)500mg
ビタミンB6 500mg
ビタミンB50 ×1
ビタミンC 1g
グルコサミン&MSM  ×1
Lカルニチン 1000mg
ユビキノール 200mg
αリポ酸 200mg
レシチン ×1
オメガ3 ×1

寝る前
ビタミンD 5000IU ×4
ビタミンK
ビタミンB50 ×1
Fe38mg(キレート鉄) ×3~5
ビタミンB3(ナイアシン) 500mg×3
(フラッシュフリー)

他(腸関係)

ミヤリサン 1日 ×10
グルタミン 5g ×4~8
消化サポートサプリ(時々)


はー、疲れた(笑)

書き出してみると、結構な量ですね(^^;;

逆に言うと、これだけ入れないとダメな身体になったという事です。

(私の身体、今までごめんなさい(涙)

(私の母は同じリウマチですが、ATPセット+マグネシウム+A+D+Znで改善してます)


B50コンプレックスに、B群は入ってますが、
副腎疲労を取りたいので、それとは別にB5を。
プロテインを飲むので、B6を別に。
B1は、神経系の改善の期待と、今までの糖質処理に。(乳酸処理=疲労物質処理)
一度、B50だけを1日2~3個にしたら、疲労感強くてきつかったです。
Cは、痛みや風邪になったら、量を増やします。


ミネラル系は朝や昼に、
ミトコンドリア系は夕方~夜にしてます。

あくまでリウマチの私が飲んでるサプリの量です(^^)
この量でだいたい落ち着いてきました。

 

改善された事!

●年中リウマチで痛かったのが、痛みが大きく改善。たまに走れる。

●階段上り下りが普通にできる(当たり前だけど嬉しい)

●立ったり座ったりが全然痛くない(当たり前だけど嬉しいその2)(笑)

●手の指の力がもどってきて、切ったりするのも痛くない。料理が楽しい。

●生理痛が全くなくなった。

●疲れにくくなった。

●体温が、35度台が普通だったのが、36.5度。

●変な不安症のようなものが全くなくなった。

●ぐっすり寝れるように。


今飲んでるお薬

アザルフィジン 朝のみ

夜のアザルフィジンとステロイドはやめる事が出来ました☆

 

代謝が正常になるまでは、しばらくこの量を続けようと思ってます。
日々、体調で調整はしてます。
検査データも見つつ、サプリの量を調整しています。

 

検査データは、以下のサイトがとても参考になります(^^)

dietetics.exblog.jp

 

タンパク質は、体重の2.5倍以上です。

食べるもの→お肉・お魚  卵 プロテイン、お野菜

食べないもの→お米、うどん、麺、パン、小麦関連なもの。果物・糖類。

 

栄養で多くの人が、改善されますように!(^^)!

 

最初に飲んだ方がいいサプリは、以下を参考にして下さい(^^)

kanonodax.hatenablog.com

 

※サプリの量は、自己責任でお願いします。ご自分の量をみつけて下さいね☆

 

f:id:kanonodax:20190303134930j:plain